テレビで勉強

英会話を勉強するための教材として、テレビを活用するのが良いと聞いたことがあります。特に、留学中であればアメリカには豊富なチャンネルがあるケーブルテレビを見ることができます。アメリカのケーブルテレビは日本より進んでいて、いろいろな番組を視聴することができます。最近は日本のケーブルテレビでも、海外の番組を流しているチャンネルがありますよね。


こうした番組を見ることは、英会話の習得にも役立ちます。なぜなら、テレビ番組では、ネイティブスピーカーがよく使うフレーズがたくさん登場するからです。さらに、映像を見ながら英会話を聞くことができるというのもポイントです。映像があれば、リスニング能力が不足していても、意味や内容を理解しやすいと思います。また、英語の字幕を表示することができるというメリットもあります。これによって、聞こえなかった部分を見ることができ、何を言っていたか確認することができるのです。


ほかに、通勤や通学の時にオーディオCDなどを聞くのもオススメです。オーディオCDは、日本ではそれほど多くありませんがアメリカではメジャーなだといわれています。このオーディオCDとは本の内容を朗読して吹き込んだ音源で、ベストセラーに本はオーディオCDが販売されることが多いそうです。リスニング力の強化にはこれらを使うのが良いでしょう。
海外のテレビ番組と英語のオーディオCDを活用すれば、リスニング力の向上につながるはずです。