音読に適する教材

音読する材料は極端な言い方をすれば何でもよいのですが、そうは言っても、ある程度まとまった意味を持つ文章が望ましく、「山」と「川」といった合い言葉のような、こまぎれの文章ゃあいさつなどの簡単芯会話文はあまり適しません。中身と音声との一体化が音読の目的なのです。従って、” Hi ! How are you?” “Fine, thanks.” 式のものはあまりお勧めしません。

また音読は、書かれている内容をます、理解してから始めることが大切です。黙読して内容が理解できる文章だからこそ、目から入ってきた視覚言語としての知識を音読によって活性化することが出来るのです。

ある調査によると、専門用語を用いるような会話は別にすると、英語での日常会話はおよそ1000語ほどで事足りているとのことです。1000語と言うと、中学3年までで習う語嚢数にほぼ相当します。中学3年の英語と言えば、少しレベルが低いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、とのレベルの英語を運動記憶で身に付けた人、すなわち自由に使える人がどのくらいいるかと言うと、大半は、理解できるが、使え芯いという人なのではないでしようか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です